Changes between Initial Version and Version 1 of esp32_setup


Ignore:
Timestamp:
Apr 15, 2017 3:37:06 PM (5 years ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • esp32_setup

    v1 v1  
     1== ESP-WROOM-32のセットアップについて ==
     2
     3ESP-WROOM-32は、Xtensa Dual-Core 32-bit LX6 マイクロプロセッサを搭載する、上海のESPRESSIF社が開発した無線モジュールです。WiFiとBluetooth v4.2に対応しています。
     4開発ボードはスイッチサイエンスでも販売されている(要追記)他にも、ESPRESSIF社からESP32-DevKitCなどが発売さています。
     5
     6本ページでは、このESP-WROOM-32をArduinoIDEで開発するためのセットアップ手順を記述します。記述内容は2017/04/15現在のものであるため、最新版では内容は変更されている場合があります。必要に応じて下記の資料[Arduino Core for ESP32 - Github]を参照してください。
     7
     8== ESP-WROOM-32 仕様 ==
     9
     10ESP32製品サイトより抜粋。
     11> * KeyFeatures
     12>  * 240 MHz dual core Tensilica LX6 microcontroller with 600 DMIPS
     13>  * Integrated 520 KB SRAM
     14>  * Integrated 802.11BGN HT40 Wi-Fi transceiver, baseband, stack and LWIP
     15>  * Integrated dual mode Bluetooth (classic and BLE)
     16>  * 16 MByte flash
     17>  * 2.2V to 3.6V operating voltage
     18>  * -40°C to +125°C operating temperature
     19>  * On-board PCB antenna / IPEX connector for external antenna
     20> * Sensors
     21>  * Ultra-low noise analog amplifier
     22>  * Hall sensor
     23>  * 10x capacitive touch interface
     24>  * 32 kHz crystal oscillator
     25> * 32x GPIO
     26>  * 3 x UARTs, including hardware flow control
     27>  * 3 x SPI
     28>  * 2 x I2S
     29>  * 12 x ADC input channels
     30>  * 2 x DAC
     31>  * 2 x I2C
     32>  * PWM/timer input/output available on every GPIO pin
     33>  * OpenOCD debug interface with 32 kB TRAX buffer
     34>  * SDIO master/slave 50 MHz
     35>  * Supports external SPI flash up to 16 MB
     36>  * SD-card interface support
     37> * Security Related
     38>  * WEP, WPA/WPA2 PSK/Enterprise
     39>  * Hardware accelerated encryption: AES / SHA2 / Elliptical Curve Cryptography / RSA-4096
     40> * Performance
     41>  * Supports sniffer, station, softAP and Wi-Fi direct modes
     42>  * Max data rate of 150 Mbps@11n HT40, 72 Mbps@11n HT20, 54 Mbps@11g, and 11 Mbps@11b
     43>  * Maximum transmit power of 19.5 dBm@11b, 16.5 dBm@11g, 15.5 dBm@11n
     44>  * Minimum receiver sensitivity of -98 dBm
     45>  * 135 Mbps UDP sustained throughput
     46>  * 2.5 μA deep sleep current
     47
     48== 資料 ==
     49
     50 * [https://espressif.com/en/products/hardware/esp32/overview ESP32製品サイト]
     51 * [https://espressif.com/en/products/hardware/esp32/resources ESP32リファレンスサイト]
     52 * [https://github.com/espressif/arduino-esp32 Arduino Core for ESP32 - Github]
     53
     54== セットアップ手順 ==
     55
     56参照元は[https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/doc/windows.md Windowsでのセットアップ手順]です。基本的な流れは、coreライブラリをGithubからダウンロードし、ArduionoIDEのシステムに導入するというものです。
     57
     58ArduinoIDEのインストールは済まされているものとします。また、ArduinoIDEの`スケッチブックの保存場所`はデフォルトの`C:\Users\%USERNAME%\Documents\Arduino`から変更されていないものとします。変更した場合、適宜読み替えてください。
     59
     601. Githubからディレクトリをクローンし、`\Arduino\hardware\espressif\esp32`に展開する
     61
     62 git環境を利用するのは、アップデートに対応しやすくするためです。
     632. `\Arduino\hardware\espressif\esp32\tools\get.exe`を実行する
     64
     65 `xtensa-esp32-elf`というディレクトリが作成されます。
     663. 必要に応じてデバイスドライバを導入する
     67
     68 スイッチサイエンスのものであれば[http://www.ftdichip.com/FTDrivers.htm FTDI社のデバイスドライバ]、ESP32-DevKitCであれば[https://www.silabs.com/products/development-tools/software/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers CP210x用のデバイスドライバ]を必要に応じて導入してください。
     69
     704. ArduinoIDEのボード設定が以下のようになれば導入成功です。
     71
     72
     73