Changes between Version 1 and Version 2 of espr_dev_without_ftdi


Ignore:
Timestamp:
Jan 16, 2017 1:06:53 PM (5 years ago)
Author:
soumura
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • espr_dev_without_ftdi

    v1 v2  
    55プログラムの書き込みには別途USB-シリアル変換アダプターが必要になりますが、部品コストが安くなっていますのでESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)での開発が終わった後に複数のデバイスを用意したい時などにおすすめです。
    66
     7[[Image(2805_4.JPG,300)]]
    78=== 2.用意するもの ===
    89
     
    1516=== 3.書き込み方法 ===
    1617ESPr Developer(FTDI無し)にプログラムを書き込みます。ここではArduino IDEを用いた書き込み方法を説明します。[[BR]]
    17 通常のESPr Developerのようにプログラム書き込みの際に自動的に書き込みモードで起動する機能はESPr Developer
     18[[BR]]
     19下図の様に基板にピンヘッダを取り付けFTDI USBシリアル変換アダプターを接続します。(書き込みだけならばFTDI USBシリアル変換アダプター専用の接続ポートにピンヘッダをはんだ付けせずとも一時的にきちんと接触できていれば書き込みは行えますが、安定して書き込みが行えない場合はピンンヘッダのはんだ付けを行ってください。)[[BR]]
     20FTDI USBシリアル変換アダプターの電圧設定は5 Vにしてください。[[br]]
     21(FTDI USBシリアル変換アダプター接続用ポートに接続せず両サイドのESP-WROOM-02のI/Oピンに直接接続する場合は電圧設定を3.3 Vにしてください。)
     22
     23
     24
     25
     26[[Image(2805_3.jpg,300)]]
     27
     28
     29通常のESPr Developerのようにプログラム書き込みの際に自動的に書き込みモードで起動する機能はESPr Developer(FTDI無し)にはありません。したがって、書き込む前にボタン操作で書き込みモードに変更する必要があります。[[BR]]
     30
     31下図のFLASHボタン(青矢印)を押したままの状態で、RESETボタン(赤矢印)を押して放すと、書き込みモードで起動します。[[BR]]
     32Arduino IDEのReset Methodは「ck」に設定してください。[[BR]]
     33[[Image(2805_6.jpg,300)]]
     34
     35この状態で「マイコンボードに書き込む」ボタンを押せば、ESPr Developr(FTDI無し)にプログラム
     36
     37
     38[[Image(2805_5.png,300)]]