Changes between Version 81 and Version 82 of Conta_Base_Shield


Ignore:
Timestamp:
Oct 1, 2018 5:14:46 PM (2 months ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_Base_Shield

    v81 v82  
    1616 * [#s3361 Conta™ 低電圧ホールセンサモジュール BU52061NVX搭載]\\
    1717 * [#s3395 Conta™ 赤外線アレイセンサモジュール AMG8833搭載]\\
     18 * [#s3799 Conta™ ToF測距モジュール VL53L1CXV0FY搭載]\\
    1819 * [#s3857 Conta™ 電流センサ max4A PAC1710搭載]\\
    1920 \\
     
    191192\\
    192193\\
     194=== Conta™ ToF測距モジュール VL53L1CXV0FY搭載 === #s3799
     195[http://www.switch-science.com/catalog/3799/ Conta™ ToF測距モジュール VL53L1CXV0FY搭載]は、Time-of-Flight式距離センサを搭載した基板で、最大4mまでの距離を測定できます。\\
     196 * このモジュールは3.3VのI^2^Cバスで動作するので、システムの基本構成としては「[http://www.switch-science.com/catalog/789/ Arduino UNO R3](5V)+ [http://www.switch-science.com/catalog/2769/ Contaベースシールド] + 距離センサモジュール」で動作します。[http://www.switch-science.com/catalog/1096/ Arduino Due]やnucleo(例:[http://www.switch-science.com/catalog/2429/ STM32F446RET6] )のような3.3Vシステムでも問題なく接続できます。\\
     197 * [http://www.switch-science.com/catalog/2769/ Contaベースシールド]を利用する場合\\
     198  * 本モジュールはM1~M6のどの位置に刺しても動作します。\\
     199  * 本モジュールはスレーブアドレスが変更できないので、複数同時に接続できません。\\
     200  * サンプルスケッチは、[https://github.com/pololu/vl53l1x-arduino Pololu]や[https://github.com/sparkfun/Qwiic_Distance_VL53L1X Sparkfun]から同モジュールを利用した製品が出ているため、そちらをご覧ください。
     201 * Contaベースシールドを使わない場合\\
     202  * ブレッドボード経由で接続するときは、一般的なbrekaout基板と同様に使えます。\\
     203  * シールドコネクタに直接さす場合には、[http://www.switch-science.com/catalog/1096/ Arduino Due]やnucleo(例:[http://www.switch-science.com/catalog/2429/ STM32F446RET6] )のような3.3Vシステムでのみ利用できます。\\
     204
     205\\
     206\\
    193207=== Conta™ 電流センサ max4A PAC1710搭載 === #s3857
    194208[http://www.switch-science.com/catalog/3857/ Conta™ 電流センサ max4A PAC1710搭載]は、最大4Aまで測定可能な電流センサです。\\