Changes between Version 26 and Version 27 of HomeReflowKit


Ignore:
Timestamp:
Nov 26, 2011 3:06:50 AM (7 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • HomeReflowKit

    v26 v27  
    116116=== クリームハンダの塗布 ===
    117117
     1183ステップで行います。
     119
    118120スキージの先端にクリームハンダを付けます。
    119 これは2ステップです。
    120121
    121122ステンシルの左端付近にスキージを降ろし、机に水平に近い角度にして、クリームハンダを下に押し付けるようにして、スキージを右にずらします。
     
    134135修正したい場合は、すべての部品を剥がして、アルコールでキレイにしてから、クリームハンダの塗布からやりなおしてください。
    135136
    136 基本的に、足が正しい場所に載っていさえすれば、方向や位置をあまり厳密にまっすぐにする必要はありません。
     137基本的に、足が正しい場所に載っていさえすれば、'''方向や位置をあまり厳密にまっすぐにする必要はありません。'''
    137138「セルフ・アライメント」と呼びますが、リフローの際にハンダが融けると、勝手にまっすぐになります。
    138139
    139 ピンセットに、クリームハンダが付着しないように気をつけてください。
     140'''ピンセットにクリームハンダが付着しないように気をつけてください。'''
    140141付着すると、以後ピンセットに部品がくっついてしまって、作業性がものすごく悪くなります。
    141142付着した場合は、アルコールでキレイにしてください。
    142143
    143 CR部品は、中央を持つといいでしょう。
     144'''CR部品は中央を持つといいでしょう。'''
    144145この場所であれば、基板上に降ろした時に、ピンセットにクリームハンダが付着しません。
    145146
     
    172173リフローします。
    173174
    174  1. ホットプレートに載せ、フタを閉めます。
     175 1. 基板をホットプレートに載せ、フタを閉めます。
    175176 1. 180°Cくらいの設定にして、3分間温めます(これをプレヒートと言います)。
    176177 1. 次に、230°Cくらいの設定に変更して加熱します。
     
    187188目視検査をしましょう。
    188189できればルーペを使って、ハンダブリッジが無いかどうか確認してください。
     190まれに、部品が飛んで無くなっていたり、片足が浮いたりという事もあります。
    189191
    190192ブリッジが有る場合には、ハンダゴテ等を使って修正してください。