wiki:HomeReflowKit

Version 3 (modified by sgk, 8 years ago) (diff)

--

ご自宅リフローキット

世界初(当社比)の「ご自宅リフローキット」。

ATmega32U4搭載の小型ボードを作ります。 http://www.flickr.com/photos/sgk/6350514350/

あくまでもリフローを試していただくのが目的なので、 ATmega32U4の機能云々については期待しないでください。

内容物

  • 部品リスト
  • 部品ケース(部品リストの番号ごとに部品が入っています)
  • プリント基板
  • 特殊紙ステンシル
  • クリームハンダ少量

ご用意いただくもの

  • ピンセット
  • 必要に応じて、ルーペ
  • スキージ(不要なテレホンカードなど)
  • 不要な基板のきれはし(1.6mm厚)数枚
  • セロテープ
  • ホットプレート

ホットプレートは家庭用で十分ですが、炊事用と共用しないでください。 たとえば、以下の物をお勧めします(2000円)。 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0016V45MG

クリームハンダは、当社での出荷前は冷蔵庫で保管しています。 輸送にはクール便は使いません。ご了承下さい。 届いたら、なるべくクリームハンダは冷蔵庫に保管してください。 分量はごく少量ですが、この基板の製作には十分と思います。 どうしても足りない場合はご相談ください。

主な部品は1608サイズです。 部品は、番号のついたピルケースにバラで入れてあります。 ケースを開ける際は、どこかに飛ばさないように気をつけてください。 静電気でケースの隅に張り付いている事もあります。

コネクタはマイクロUSB Bレセプタクルです。 USB経由でDFUでファームウェアを書き込めます。 AtmelがFlipという書き込みソフトを配布しています。 ICSPに必要な信号はすべてエッジに出してあります。 ICSPの6ピンに変換する配線を行えばICSPでも書き込めるでしょう。

エッジのピンヘッダのシルク印刷は、Arduino Leonardo互換をめざした物です。 しかしながら、基板製作後にAVRのピンとの対応が変更されたため、一部異なります。 特に、A6以降が異なるでしょう。ご注意ください。

Attachments (6)

Download all attachments as: .zip