wiki:IntelEdisonStartLinux

Intel Edisonを手に入れたらやることのトップページに戻る

Intel Edisonを手に入れたらやること(Linuxの場合)

USBレセプタクル(J16)とパソコンを接続

しばらくすると、デバイスが認識される。

ネットワークインターフェース

usb0」というのが増えている。

マスストレージ

ネットワークインターフェースのIPアドレスを変更する

/etc/network/interfaces」を編集して、

% sudo vi /etc/network/interfaces

以下の行を追加する。

allow-hotplug usb0
iface usb0 inet static
	address 192.168.2.2

反映させる。

% sudo service network-manager stop
% sudo service network-manager start
% sudo ifup usb0

Edisonにログインする

SSHで「192.168.2.15」に接続する。ユーザ名は「root」、パスワードはカラ。

% ssh -l root 192.168.2.15

シェルプロンプトが表示されるはず。「uname -a」コマンドでバージョンを確認。

ファームウェアを更新する

  • パソコン上でEdisonのマスストレージを開く。何かファイルが有れば全て削除しておく。
  • Intel Edison Software Downloadから「Yocto complete image」をダウンロード。ZIPファイル。
  • このZIPファイルを展開して、Edisonのマスストレージにコピーする。ツリー構造を維持したままコピーする。
  • Edisonのシェルプロンプトで「rm -rf /var/log/journal/*」コマンドを実行する。これ重要。
  • Edisonのシェルプロンプトで「reboot ota」コマンドを実行。
  • 再起動され、ファームウェアが更新されるのでしばらく待つ。途中、マスストレージが認識されたり無くなったりするが、じっくり待つ。

もういちどログインする。

ssh -l root 192.168.2.15」コマンドを実行すると、ホストのキーが違うというエラーになる。 ファームウェアのバージョンアップを行うと、ホストのキーが変更されてしまう。 キーを削除するため、「ssh-keygen -R 192.168.2.15」コマンドを実行する。 もういちど「ssh -l root 192.168.2.15」コマンドを実行すると、今度はログインできる。

% ssh-keygen -R 192.168.2.15
% ssh -l root 192.168.2.15

マスストレージの中のファイルはすべて削除してかまわない。

初期設定

configure_edison」コマンドを使って、ノード名、パスワード、Wi-Fiを設定する。

  • configure_edison --setup」コマンドを実行する。
  • Configure Edison: Device Name」では、ノード名を設定する。
  • Configure Edison: Device Password」では、パスワードを設定する。以後、SSHでのログインでは、このパスワードを入力する必要がある。

Wi-Fiの設定では、パスワードを手入力するかWPSを使うかで手順が異なる。

パスワードを手入力する場合:

  • Do you want to set up wifi?」には「Y」と答える。
  • SSIDスキャンされるので、選ぶ。
  • パスワードを入力する。

WPSを使う場合:

  • Do you want to set up wifi?」には「N」と答える。
  • systemctl stop hostapd」コマンドを実行。
  • systemctl start wpa_supplicant」コマンドを実行。
  • wpa_cli」コマンドを実行。インタラクティブモードになる。
  • 内部コマンド「wps_pbc」を実行。
  • Wi-Fi APのWPSボタンを押す。
  • 接続されるはず。
  • ログがだらだら出る。「CTRL-EVENT-CONNECTED」と表示されたら、エンターを押してプロンプトに戻る。
  • 内部コマンド「save_config」を実行。
  • 内部コマンド「quit」を実行。
  • configure_edison --disableOneTimeSetup」コマンドを実行。

ノード名、パスワードを間違えた場合:「configure_edison --setup」を再実行する。

Wi-Fiの設定を間違えた場合:「configure_edison --setup」の再実行で治らなければ、「/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf」をエディタで開いて、最初の3行だけにしてから、「configure_edison --setup」を再実行する。


2014/11/6作成、 2015/2/12更新

Last modified 4 years ago Last modified on Feb 12, 2015 12:27:30 PM

Attachments (5)

Download all attachments as: .zip