Changes between Version 2 and Version 3 of IntelEdisonStartLinux


Ignore:
Timestamp:
Nov 6, 2014 11:01:03 AM (6 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • IntelEdisonStartLinux

    v2 v3  
    4242 * パソコン上でEdisonのマスストレージを開く。何かファイルが有れば全て削除しておく。
    4343 * [https://communities.intel.com/docs/DOC-23242 Edison Software Download]から「Edison Yocto complete image」をダウンロード。ZIPファイル。
    44  * このZIPファイルを展開して、Edisonのマスストレージにコピーする。ツリー構造を維持したままコピーする。「`^A ^C`→ウィンドウを変えて→`^V`」でできる。
     44 * このZIPファイルを展開して、Edisonのマスストレージにコピーする。ツリー構造を維持したままコピーする。
    4545 * Edisonのシェルプロンプトで「`reboot ota`」コマンドを実行。再起動されるのでしばらく待つ。
    46  * ログインする。「`uname -a`」コマンドでバージョンを確認。
    4746
    48 [[Image(5.png, 500px)]]
     47[[Image(5.png, 700px)]]
    4948
    50 ファームウェアを更新した直後にログインしようとすると、ホストのキーが違うという警告が出るが、これが正常。
    51 「既存の鍵を新しい鍵で上書きする(R)」チェックボックスをチェックしてから、「続行(C)」ボタンをクリックして進む。
     49もういちどログインする。
     50
     51「`ssh -l root 192.168.2.15`」コマンドを実行すると、ホストのキーが違うというエラーになる。
     52ファームウェアのバージョンアップを行うと、ホストのキーが変更されてしまう。
     53キーを削除するため、「`ssh-keygen -R 192.168.2.15`」コマンドを実行する。
     54もういちど「`ssh -l root 192.168.2.15`」コマンドを実行すると、今度はログインできる。
    5255
    5356== 初期設定 ==
     
    8487
    8588----
    86 2014/10/31
     892014/11/6