wiki:IntelEdisonStartOSX

Intel Edisonを手に入れたらやることのトップページに戻る

Intel Edisonを手に入れたらやること(マックの場合)

ドライバをインストール

RNDISドライバ(ネットワークインターフェース)が必要。 HoRNDIS: USB tethering driver for Mac OS Xから、HoRNDISの最新版をダウンロード。 インストールする。

「システム環境設定」→「ネットワーク」を開く。これがインストール前。

ダウンロードしたインストーラを起動して進む。

念のためにマックを再起動する。

USBレセプタクル(J16)とパソコンを接続

しばらくすると、デバイスが認識される。

ネットワークインターフェースのIPアドレスを変更する

「システム環境設定」→「ネットワーク」が開いていなければ開く。 「Edison」というネットワーク(「<…>というアイコン)が自動的に認識されるかも知れない。 自動的に認識されていない場合は、「+」ボタンを押して追加する。

ここで「インターフェース」として「Edison」を選択して「作成」する。

追加された。

IPアドレスを「192.168.2.2」に設定する。

  • 「IPv4の構成」は「手入力」
  • 「IPアドレス」は「192.168.2.2
  • 「サブネットマスク」は「255.255.255.0

「適用」ボタンをクリック。 画面上のインジケータの表示が緑になり、「接続済み」になる。

Edisonにログインする

SSHで「192.168.2.15」に接続する。ユーザ名は「root」、パスワードはカラ。

マックの「ターミナル」を起動、コマンドプロンプトで「ssh -l root 192.168.2.15」コマンドを実行。

シェルプロンプトが表示されるはず。「uname -a」コマンドでバージョンを確認。

マスストレージのフォーマットをFAT32にする

ファームウェアの更新を行うには、Edisonのマスストレージにファイルを書き込む必要がある。 Edisonのマスストレージは、初期状態ではFAT16であり、マックでは書き込みができない。 そのため、EdisonのマスストレージをFAT32でフォーマットしなおす必要がある。

ファインダーの「ユーティリティ」から「ディスクユーティリティ」を起動。 「805.3 MB Linux File-CD...」というドライブの中の、「Edison」というパーティションをクリック。

「消去」タブをクリック。

  • 「フォーマット」は「MS-DOS (FAT)」
  • 「名前」は「EDISON」(何でもいいと思われる)

右下の「消去...」ボタンをクリック。 確認を求められるので、確認して進む。

ファインダーの「コンピュータ」を開く。

「ファイル」メニューの「情報を見る」をクリック。

FAT32になっていることが確認できる。

ファームウェアを更新する

  • パソコン上でEdisonのマスストレージを開く。初回は、上でフォーマットしたので無いはずだが、次回以降何かファイルが有れば全て削除しておく。
  • Intel Edison Software Downloadから「Yocto complete image」をダウンロード。ZIPファイル。
  • このZIPファイルを展開して、Edisonのマスストレージにコピーする。ツリー構造を維持したままコピーする。
  • Edisonのシェルプロンプトで「rm -rf /var/log/journal/*」コマンドを実行する。これ重要。
  • Edisonのシェルプロンプトで「reboot ota」コマンドを実行。
  • 再起動され、ファームウェアが更新されるのでしばらく待つ。途中、マスストレージが認識されたり無くなったりするが、じっくり待つ。

もういちどログインする。 マックのシェルプロンプトで「ssh -l root 192.168.2.15」コマンドを実行すると、ホストのキーが違うというエラーになる。 ファームウェアのバージョンアップを行うと、ホストのキーが変更されてしまう。

キーを削除するため、「ssh-keygen -R 192.168.2.15」コマンドを実行する。 もういちど「ssh -l root 192.168.2.15」コマンドを実行すると、今度はログインできる。

% ssh-keygen -R 192.168.2.15
% ssh -l root 192.168.2.15

uname -a」コマンドでバージョンを確認。

マスストレージの中のファイルはすべて削除してかまわない。

初期設定

configure_edison」コマンドを使って、ノード名、パスワード、Wi-Fiを設定する。

  • configure_edison --setup」コマンドを実行する。
  • Configure Edison: Device Name」では、ノード名を設定する。
  • Configure Edison: Device Password」では、パスワードを設定する。以後、SSHでのログインでは、このパスワードを入力する必要がある。

Wi-Fiの設定では、パスワードを手入力するかWPSを使うかで手順が異なる。

パスワードを手入力する場合:

  • Do you want to set up wifi?」には「Y」と答える。
  • SSIDスキャンされるので、選ぶ。
  • パスワードを入力する。

WPSを使う場合:

  • Do you want to set up wifi?」には「N」と答える。
  • systemctl stop hostapd」コマンドを実行。
  • systemctl start wpa_supplicant」コマンドを実行。
  • wpa_cli」コマンドを実行。インタラクティブモードになる。
  • 内部コマンド「wps_pbc」を実行。
  • Wi-Fi APのWPSボタンを押す。
  • 接続されるはず。
  • ログがだらだら出る。「CTRL-EVENT-CONNECTED」と表示されたら、エンターを押してプロンプトに戻る。
  • 内部コマンド「save_config」を実行。
  • 内部コマンド「quit」を実行。
  • configure_edison --disableOneTimeSetup」コマンドを実行。

ノード名、パスワードを間違えた場合:「configure_edison --setup」を再実行する。

Wi-Fiの設定を間違えた場合:「configure_edison --setup」の再実行で治らなければ、「/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf」をエディタで開いて、最初の3行だけにしてから、「configure_edison --setup」を再実行する。


2014/11/1作成、 2015/2/12更新

Last modified 4 years ago Last modified on Feb 12, 2015 12:26:57 PM

Attachments (14)

Download all attachments as: .zip