wiki:NeoDenPnP-csv

CSV構造

行番号, パラメータ1, パラメータ2 .... 

というのが基本構造。行番号は飛び飛びでも構わない様子(要確認)。行頭が%で始まる行はコメントになります。行番号が65535の行は設定情報として扱われます。

文字コードはASCII範囲にしておいたほうが良いように思います。マルチバイト文字は簡体中文GB 2312として扱われます。改行コードはCRLF。定義してある列以降の列はどうも無視される様子?

行番号0の行も設定のような気がします。要確認。

X, Yは左手前から右奥に向かって増える座標系です。

原点の設定

原点は65535, 0, で始まる設定行として記述します。

  1. 行番号 65535
  2. 設定項目 0 (原点定義)
  3. Xオフセット (mm)
  4. Yオフセット (mm)

例:

65535,0,0,0

スタックの設定

スタックは65535, 1,で始まる設定行として記述します。

  1. 行番号 65535
  2. 設定番号 1 (スタック設定)
  3. スタック番号 (手前トレイが0, リールが手前から1,2,3...)
  4. ピック位置Xオフセット(mm)
  5. ピック位置Yオフセット(mm)

ちなみに標準で取り付けてある0番の部品置き場は□16mm(くらい)です。XとYを(16-部品寸)/2としておいて、角に合わせる運用が良さそうです。

例:

%,Stack Offset,Stack,X,Y
65535,1,0,0,0
65535,1,1,-0.04,-0.1
65535,1,2,0,0.05
65535,1,3,0.05,0
65535,1,4,0.23,0
65535,1,5,0,0
65535,1,6,0,0
65535,1,7,0,0
65535,1,8,0,0
65535,1,9,0,0
65535,1,10,0,0
65535,1,11,0,0
65535,1,12,0,0
65535,1,13,0,0
65535,1,14,0,0
65535,1,15,0,0

フィードレート設定

フィードレート(部品1つあたりのテープ送り距離)は65535, 2,で始まる設定行として記述します。

  1. 行番号 65535
  2. 設定番号 2 (フィードレート設定)
  3. スタック番号 (手前トレイが0, リールが手前から1,2,3...)
  4. 送り距離(mm)

ちなみに標準で取り付けてある0番の部品置き場は横18mmピッチです。これを使うなら、0番は送りを18mmにしておくと良いでしょう。

例:

%,Feeding Set,Stack,Feed Rate
65535,2,0,18,
65535,2,1,4,
65535,2,2,2,
65535,2,3,4,
65535,2,4,4,
65535,2,5,4,
65535,2,6,4,
65535,2,7,4,
65535,2,8,4,
65535,2,9,4,
65535,2,10,4,
65535,2,11,4,
65535,2,12,4,
65535,2,13,4,
65535,2,14,4,
65535,2,15,4,

面付け設定

面付けは65535, 2,で始まる設定行として記述します。

  1. 行番号 65535
  2. 設定番号 3 (面付け)
  3. X方向オフセット
  4. Y方向オフセット

注意: 1枚目は記述する必要はありません。面付けした2枚目からを定義します。

例: 横方向に30mmずつずれて3枚の基板にパーツ配置する場合。

%,Panelize,X,Y
65535,3,30,0
65535,3,60,0

部品設置情報

65535でない行番号で始まる行は部品設置情報として読み込まれて、その情報に従って部品が配置されます。

  1. 行番号
  2. ヘッド番号(1か2)
  3. スタック番号 (手前トレイが0, リールが手前から1,2,3...)
  4. X位置(小数2位まで)
  5. Y位置(小数2位まで)
  6. 角度(deg/整数のみ)
  7. 部品厚
  8. skip(? 基本的に0でもいい様子)
  9. リファレンス(R1, C1的な)
  10. コメント

例:

%,Head,Stack,X,Y,Angle,Height,Skip,Reference, Comment
1,1,12,15.71,52.47,0,0,0,C4
2,2,12,10.09,40.25,90,0,0,C3
3,1,11,1.16,50.88,0,0,0,R2
4,2,10,1.16,47.16,180,0,0,D1

速度設定

行番号が0のものは速度情報として処理され、動作速度が変更されます。

  1. 行番号 0
  2. 速度( 1-15, 10%〜150%に対応)
  3. 0
  4. 0
  5. 0
  6. 0
  7. 0
  8. 0

例:

0,10,0,0,0,0,0,0, 
Last modified 5 years ago Last modified on Mar 12, 2013 6:57:29 PM