wiki:R1350N_shield

Version 4 (modified by Shinichi Ohki, 7 years ago) (diff)

--

R1350NジャイロシールドをI2CからSPIに変更する手順

  1. チップ抵抗の位置を変更します
    • R1 -> R3
  2. パターンをカットし、反対側のパッドと接続します
    • VSS/SDA
  3. パターンをカットします
    • SDA_PULLUP
    • SCL_PULLUP
    • CS/A0
    • SI/A1
    • SCLK/SCL
  4. JP6コネクタから配線します
JP6Arduino
SCLK D13
MISO D12
MOSI D11
CS D10

I2Cのアドレスの変更の仕方

このシールドのI2Cアドレスは0x9Aに設定されていますが、IC1のA0,A1ピンを以下のように設定することにより変更することができます。

A0A1I2C addresses (hex)
VDDVDD0x90 (1001 000X)
VSSVDD0x92 (1001 001X)
SCLVDD0x94 (1001 010X)
SDAVDD0x96 (1001 011X)
VDDVSS0x98 (1001 100X)
VSSVSS0x9A (1001 101X)<-販売時の設定
SCLVSS0x9C (1001 110X)
SDAVSS0x9E (1001 111X)
VDDSCL0xA0 (1010 000X)
VSSSCL0xA2 (1010 001X)
SCLSCL0xA4 (1010 010X)
SDASCL0xA6 (1010 011X)
VDDSDA0xA8 (1010 100X)
VSSSDA0xAA (1010 101X)
SCLSDA0xAC (1010 110X)
SDASDA0xAE (1010 111X)

(NXP Semiconductors SC16IS740/750/760 Product data sheet Rev. 7 — 9 June 2011 より抜粋)

  1. 上記表のA0,A1は以下のソルダジャンパ、JP6の端子に対応していますので、適宜カットしてください
    • A0 -> CS/A0 , MOSI
    • A1 -> SI/A1 , CS
  2. 上記表のVSS,VCC,SDA,SCLは基板上の以下の部分に対応していますので、適宜配線してください
    • VCC -> VCCまたは5V
    • VSS -> GND(カット不要)
    • SDA -> SDA_PULLUP
    • SCL -> SCL_PULLUP