wiki:WIZ820ioTest

WIZ820ioをつかってみました

2012年当時の記事なので、リンク切れやリンク先の名称変更などある可能性があります。適宜読み替えてください。

内容

春先にWIZ820ioのお試しキャンペーンをさせていただきました。
遅まきながら、ご応募いただいた方のブログなどを参考に、WIZ820ioを使ってみましたので、ご紹介いたします。
ちなみにArduino IDE 1.0.1を使いました。

使用部品など

その他、USBケーブルやら、LANケーブルやら、ネットワークハブやら適宜ご用意ください。

配線

Arduino Uno ⇔ WIZ820io

  • D10 → nSS
  • D11 → MOSI
  • D12 ← MISO
  • D13 → SCLK
  • RESET → nRESET
  • GND ⇔ GND
  • 5V→「5V→3.3V変換」→VIN3.3

Arduino Unoにも3.3V出力がありますが、WIZ820ioの最大消費電流120mAには足りないので、5Vから3.3Vを作っています。

写真


ブレッドボード用電源ボードは、USBコネクタを使わず5V端子から入力するというちょっとトリッキーな使い方をしています。


普通の3端子レギュレータを使ってもOKです。

ライブラリのダウンロード

WIZnetさんのダウンロードページから「Library for Arduino + Ethernet」をダウンロードしてください。 WIZ Ethernet LibraryにArduino用ライブラリがあります。(2016/04/05)
その中のw5100.hとw5100.cppを、Arduino IDEのフォルダのlibraries/Ethernet/utility/の中にある同名ファイルと差し替えてください。
さらに、Arduino IDEのフォルダのlibraries/Ethernet/のEthernet.hを以下の様に書き換えます。

#ifndef ethernet_h
#define ethernet_h

#include <inttypes.h>
#include "utility/w5100.h"  // ←変更行 w5100.hを有効にします
#include "IPAddress.h"
#include "EthernetClient.h"
#include "EthernetServer.h"
#include "Dhcp.h"

// #define MAX_SOCK_NUM 4  // ←変更行 この行を無効にします

class EthernetClass {
private:
  IPAddress _dnsServerAddress;
  DhcpClass* _dhcp;
public:
  static uint8_t _state[MAX_SOCK_NUM];
  static uint16_t _server_port[MAX_SOCK_NUM];
  // Initialise the Ethernet shield to use the provided MAC address and gain the rest of the
  // configuration through DHCP.
  // Returns 0 if the DHCP configuration failed, and 1 if it succeeded
  int begin(uint8_t *mac_address);
  void begin(uint8_t *mac_address, IPAddress local_ip);
  void begin(uint8_t *mac_address, IPAddress local_ip, IPAddress dns_server);
  void begin(uint8_t *mac_address, IPAddress local_ip, IPAddress dns_server, IPAddress gateway);
  void begin(uint8_t *mac_address, IPAddress local_ip, IPAddress dns_server, IPAddress gateway, IPAddress subnet);
  int maintain();

  IPAddress localIP();
  IPAddress subnetMask();
  IPAddress gatewayIP();
  IPAddress dnsServerIP();

  friend class EthernetClient;
  friend class EthernetServer;
};

extern EthernetClass Ethernet;

#endif

テスト

Arduino IDEを立ち上げて、ファイル→スケッチの例→Ethernet→WebServerをクリック。 出てきたスケッチの

byte mac[] = { 
  0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF, 0xFE, 0xED };
IPAddress ip(192,168,1, 177);

この部分を適宜書き換えてArduino Unoにアップロードします。
パソコンのブラウザで、書き込んだIPアドレスにアクセスします。

ブラウザにA0~A5の読み取り値が表示されればOKです。
※この例の環境ではIPAddress ip(192,168,10, 177);に書き換えています。

補足

このままだとEthernetライブラリがW5200を使ったモジュールにしか対応しません。
従来のW5100を使ったモジュール(Arduino イーサネットシールド R3)等を使ってスケッチをコンパイルする時は、事前に Arduino IDEのフォルダのlibraries/Ethernet/utility/のw5100.hを開いて

#define W5200

の行の頭に を付けてコメントにしてください。 差し替えたファイルを元に戻す必要はありません。

謝辞

キャンペーンにご応募いただた
@ytsuboi さま、@misodengaku さま、Nasupl さま、shigehiro さま、@a_ono さま、まつばば さま
参考にさせていただきました。ありがとうございました。

Last modified 15 months ago Last modified on Apr 5, 2016 4:00:48 PM

Attachments (3)

Download all attachments as: .zip