wiki:XBeeSeries

XBeeの種類について

XBeeって一言で言っちゃうけど、ものすごくたくさんの種類があります。 その上、途中で製品名が変わったのが余計にややこしい。 自分でもよくわからなくなるので、メモしておきます。 何か間違ってるのをみつけたら、お知らせいただけると嬉しいです。

日本版と標準版の違い

表向きは、法律的に日本での使用が許されているかどうか=総務省の工事設計認証(いわゆる技適)を得ているかどうかです。 一般に、Telecの認証とか言いますが、現在はTelec以外の機関でも認証ができます。 工事設計認証を得ていれば、製品のどこかに「R」のマークが書いてあるはずです。

XB24-ACI-001Jなど、型番の最後に「J」が付くのが日本版です。

ところが、XBeeの多くのモデルでは、日本版で無くても工事設計認証を得ていて、日本で合法的に使用できます。 従って、これらのモデルでは、日本版の意味が有名無実に成っているわけです。 ファームウェアは、日本版の方が標準版よりも古いのが普通です。 そのため、これらのモデルでは、日本版を使用するのはお薦めしません。

ただし、XBee Proでは、標準版で工事設計認証を得ているモデルは存在しないようです。 少なくとも、僕は見たことがありません。 XBee Proの標準版の電波出力は、日本では認められないくらいに強力なのです。

ProとPro無しの違い

ProとPro無しの違いは簡単。 Proの方が電波が強力で遠くまで飛びます。 本来のProは電波が強すぎて日本では工事設計認証を得られません。 そのため、Proの日本版が存在し、電波を弱くしてあります。

モデル 電波出力 屋内飛距離 屋外飛距離
Pro無し 1mW 30m 90m
Pro(標準版) 63mW 90m 1,600m
Pro(日本版) 10mW 60m 750m

なお、いずれも通信方式は全く同じです。 Pro無しとProとの間で通信することもできます。 ただし、それぞれの飛距離に注意してください。 さもないと、一方向にしか電波が飛ばず、正常に通信ができない事があります。

アンテナの形式

通信方式の違い

メッシュ上での役割の違い

(つづく)

Last modified 3 years ago Last modified on Jun 25, 2014 12:04:13 PM