Changes between Version 2 and Version 3 of eVY1_Update


Ignore:
Timestamp:
Oct 1, 2014 7:35:28 PM (6 years ago)
Author:
Shinichi Ohki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • eVY1_Update

    v2 v3  
    33最新のバージョンは 1.10.2.90 です。
    44||'''バージョンアップ概要'''||'''詳細'''||
    5 ||音源ファームウエアの更新||レイテンシの改善[[br]] Key ONから発音までの時間が改善されました[[br]] 早口は苦手です[[br]]その他、細かな処理の改善||
     5||音源ファームウエアの更新||レイテンシの改善[[br]] Key ONから発音までの時間が改善されました[[br]] 早口は苦手です[[br]]その他、細かな処理を改善しました||
    66
    7 ||スピーカーパワーモード||スピーカー出力をON/OFFする[[br]] 内蔵ROMに状態を保存するので約1秒かかる[[br]] ONにした場合、ボリューム値は最大(0[dB])に設定される[[br]] 工場出荷時はOFF[[br]] モジュール基板での使用を想定、シールド基板に専用コネクタはない[[br]] 音量は室内で聴取できる程度です||
    8 ||ヘッドホンパワーモード||ヘッドホン出力をON/OFFする[[br]] 内蔵ROMに状態を保存するので約1秒かかる[[br]] ONにした場合、ボリューム値は最大(0[dB])に設定される[[br]] 工場出荷時はON||
     7||スピーカーパワーモード||スピーカー出力をON/OFFする[[br]] 内蔵ROMに状態を保存するので約1秒かかります[[br]] ONにした場合、ボリューム値は最大(0[dB])に設定されます[[br]] 工場出荷時はOFFです[[br]] モジュール基板での使用を想定しており、シールド基板に専用コネクタはありません[[br]] 音量は室内で聴取できる程度です||
     8||ヘッドホンパワーモード||ヘッドホン出力をON/OFFします[[br]] 内蔵ROMに状態を保存するので約1秒かかります[[br]] ONにした場合、ボリューム値は最大(0[dB])に設定されます[[br]] 工場出荷時はONです||
    99
    10 ||スピーカー/ヘッドホン[[br]]ボリューム||スピーカー、ヘッドホンのボリュームを設定する[[br]] MUTE, -30[dB]~0[dB][[br]] 出力段ICへの設定のため若干時間がかかる。[[br]] そのため楽音再生中の変更はコケる可能性があり再生初期段階で設定するのが望ましい||
    11 ||スピーカー/ヘッドホン[[br]]パワーモード要求・応答||スピーカー、ヘッドホンのパワーモード状態を調べる||
    12 ||シリアル転送レート[[br]]変更・要求・応答||シリアル転送レートを設定、状態を調べる[[br]] 31250[bps]または38400[bps][[br]] 設定は内蔵ROMに保存するので約1秒かかる[[br]] 工場出荷時は31250bps||
    13 ||発音キャンセルコマンド||発音キャンセルチャンネル指定||
    14 ※内蔵ROMに保存されるSP/HPパワーモード、シリアル転送レートは設定に時間がかかること、ROM書き換えであることより、頻度はあまり高くない方が望ましい[[br]]
    15 スピーカー専用端子はシールド基板には存在しません。また音量は室内で聴くぐらいのレベルです[[br]][[br]]
     10||スピーカー/ヘッドホン[[br]]ボリューム||スピーカー、ヘッドホンのボリュームを設定する[[br]] MUTE, -30[dB]~0[dB][[br]] 出力段ICへの設定のため若干時間がかかります[[br]] そのため再生初期段階での設定をおすすめします(楽音再生中の変更はコケる可能性があります)||
     11||スピーカー/ヘッドホン[[br]]パワーモード要求・応答||スピーカー、ヘッドホンのパワーモード状態を調べます||
     12||シリアル転送レート[[br]]変更・要求・応答||シリアル転送レートを設定、状態を調べます[[br]] 31,250[bps]または38,400[bps][[br]] 設定は内蔵ROMに保存するので約1秒かかります[[br]] 工場出荷時は31,250bpsに設定されています||
     13||発音キャンセルコマンド||発音キャンセルするチャンネルを指定します||
     14※内蔵ROMに保存されるSP/HPパワーモード、シリアル転送レートは設定に時間がかかることとROM書き換えであることより、頻度はあまり高くない方が望ましいです。[[br]]
     15スピーカー専用端子はシールド基板には存在しません。また音量は室内で聴くぐらいのレベルです。[[br]]
     16[[br]]
    1617アップデータのダウンロードおよびアップデート方法はアイデステクノロジの[http://evy1.aides-tech.com/update.htm eVY1ファームウエア・アップデートページ]をご参照ください。[[br]]
    17 ファームウェアのアップデートにはWindows PCとmicro USBのケーブル、およびアップデートするために基板上の端子をショートするためのジャンパ線など(ピンセットなどで代用も可)が必要です。詳細はアップデータのzipファイルにアップデート説明書pdfが入っているので、そちらを参照してください。[[br]]
    18 Windows PCが用意できない方向けにアイデステクノロジがアップデートサービス(無償、ただし送料はユーザー負担)を行っています。
     18ファームウェアのアップデートにはWindows PCと[http://www.switch-science.com/catalog/1035/ micro USBのケーブル]、およびアップデートするために基板上の端子をショートするためのジャンパ線など(ピンセットなどで代用も可)が必要です。詳細はアップデータのzipファイルにアップデート説明書pdfが入っているので、そちらを参照してください。[[br]]
     19[[br]]
     20Windows PCが用意できない方向けにアイデステクノロジがアップデートサービス(無償、ただし送料はユーザー負担)を行っています。詳細はアイデステクノロジの[http://evy1.aides-tech.com/update.htm eVY1ファームウエア・アップデートページ]をご参照ください。