Changes between Version 1 and Version 2 of IntelEdisonC++Dev


Ignore:
Timestamp:
Nov 15, 2014 11:55:07 PM (7 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • IntelEdisonC++Dev

    v1 v2  
    33= libmraaを使ってC++で開発する =
    44
    5  EdisonのIOをソフトウェアからいじるには、libmraaというライブラリを使います。
    6 Edisonをネットワークに接続して、次のコマンドでインストールできます。
     5EdisonのIOをソフトウェアからいじるには、libmraaというライブラリを使います。
     6[http://trac.switch-science.com/wiki/IntelEdisonOpkgFeeds Intel Edison opkgのフィードを設定]してあれば、あとは簡単です。
     7
    78{{{
    8 echo "src mraa-upm http://iotdk.intel.com/repos/1.1/intelgalactic" > /etc/opkg/mraa-upm.conf
    9 opkg update
    10 opkg install libmraa0
     9# opkg install libmraa0
    1110}}}
    1211
    13 インストールを終えたら、 [https://github.com/intel-iot-devkit/mraa libmraa]のリポジトリにあるサンプルを参照してコードを書きましょう。
     12[https://github.com/intel-iot-devkit/mraa libmraa]のリポジトリにあるサンプルを参照してコードを書きましょう。
    1413
    1514試しに、[https://gist.github.com/ytsuboi/ecd3861a23072bf77814 pca9622_test.cpp]というコードを書いて、コンパイルと実行をしてみました。
     15
    1616{{{
    17 g++ pca9622_test.cpp -lmraa -o pca9622_test
    18 ./pca9622_test
     17# g++ pca9622_test.cpp -lmraa -o pca9622_test
     18# ./pca9622_test
    1919}}}
     20
    2021こんな感じに実行できます。ちょいっとC/C++で書き殴ったコードがをコンパイルして、そのまま実行できるのがとても便利です。
     22
     23----
     242014/11/15