wiki:rapiro_attachment

Rapiro用 Raspberry Pi 2 Model B対応アタッチメントの使い方

Rapiroには標準でRaspberry Pi Model Bを載せることができますが、Raspberry Pi 2 Model Bは非対応です。

標準のパーツにRaspberry Pi 2 Model Bを載せようとすると、下図の矢印の固定用のツメとピンが干渉してはまりません。さらに後頭部の窓の位置も合わないため、USBポートが使えません。

そこで、Rapiro用 Raspberry Pi 2 Mode B対応アタッチメントを使います。
アタッチメントは円形の部品 1枚とM2.6x6mmスペーサ 4個、 M2.6x4mmプラネジ 8本で構成されています。

まず最初にアタッチメントのPiと書かれた穴にスペーサをプラネジで固定します。

アタッチメントをRapiroの首のパーツに装着します。固定用のツメをアタッチメントの四角い穴に入れて固定します。

この上にRaspberry Pi Model B+や Raspberry Pi 2 Model Bを載せて、プラネジで固定します。

USBポートとRapiroの耳までの間に若干の空間があるので、頭の低いWi-Fiドングル等を取り付けることが可能です。
これでRaspberry Pi 2 Model Bを使ってラピロを制御することができます。(写真はModel B+)
ただし、ボードの高さが上がった分、Rapiroの目にボードの影が映りこんでしまいます。どうしても気になる場合はLEDの位置を工夫すると解決するかもしれません。

おまけ

実はこのアタッチメントはRaspberry Pi以外のボードも載せることができます。
Arduino Uno R3と同じ形状のボード

いわゆるC基板

Last modified 19 months ago Last modified on Oct 6, 2015 6:08:34 PM

Attachments (13)